Hatena::Groupdragonquest

どらくえ日記/shanghai RSSフィード

ドラクエファンサイト ただのしかばね
ドラクエX特設ページ公開!
キャラクターはしゃんはい(要ログイン)
チームも運営してます→チームしかばね メンバー募集中!

2012/08/15 (Wed)

プレー日記 8月14日 ドワーフ受難の道/チーム結成

| はてなブックマーク -  プレー日記 8月14日 ドワーフ受難の道/チーム結成 - どらくえ日記/shanghai

今日(15日)のバージョンアップでガタラ周辺のモンスター配置が調整されたとのこと。まだ行って確認してませんが、スカルガルーがウジャウジャいてガタラ原野を縦断するのも一苦労という状況は改善されたんでしょうか。

ドワーフがきついのは序盤だけではないようで、ストーリー攻略を進めているんですが最後の(?)キーエンブレムはせっかくだから地元ドワチャッカ大陸で取ろうとドルワーム王国へ行くと、まず人が誰もいない(笑。

ときどきゴブル砂漠の特定地域にPTが出没するのは、どうもLv上げで「アロエおに」というモンスターを狩るのが一部で流行っているらしいのですが、試しに一匹倒してみたけど特になんてことなかったなあ。仲間を呼ぶとかか? やたらHPが高かったので少なくとも自分が今のLvで狩る対象にするのは無理だなと思った。つまりさらに高レベル層向けか。

それからシナリオを進行させてカルサドラ火山へ。地理的にはこのカルサドラ火山の反対側の麓に岳都ガタラがあるという位置関係なんですね。ともかく、ここのザコ敵の攻撃で即死できるくらい強い。逃げに逃げてボスまで行っても当然のように惨敗。二回やって全く歯が立たなかった。ドルワームに来てからも結構Lvは上がってるのに……。

前の古代遺跡のウルベア魔神兵もそうだったけど、体力勝負で長期戦で勝ち切るってタイプじゃなく、作戦を練ってかからないとダメなタイプのボスじゃないかという気がする。ちょいネタバレになっちゃうけど二体で出現するのがミソだと思うので、いろいろ戦い方を考えるなど。もちろんLvも上げるのが大前提で、装備のランクが上がるLv35まではやるしかないと腹を括った。ここまで来ると次のLvまでの必要経験値が優に20,000超と、気が遠くなるような値が並ぶ。

それから少し前に公認チームを登録したのが、ちょっとずつ形になってきた。「チームしかばね」。まずリアル知人のキャラに入ってもらい、フレンドで特にご縁がある人も誘い、ツイッターなどでやりとりした人にも参加してもらえたり。登録後の何日か、知り合いとタイミングが合わず誰も加入できなくて焦った。チーム作ったけど誰も入ってくれない、はさすがにキツいので(笑。

そもそもチームって何なのか知らないというプレーヤーも多く、一度参加しちゃうと辞めづらいんじゃないか、だから慎重に決めたいという心理が働くのも自然だと思うので、いつでも抜けていいからお試しでどうぞ、というのを強調していきたい。あ、メンバー募集中です。

その関連で、ゲーム外で連絡のある人とゲーム内で落ち合うということを何回かやったのだが、これが面倒くさい。いっそ電話で話せるくらいであれば別だろうけど、ツイッターなんかだと微妙にリプライに気づくまで時間差があったり何だりで、なかなかスムーズに進まないのだった。一度フレンドになってしまえばいつでもチャットできるのに、そこに至るまでが大変という。

フレンドもチームも、登録するにはお互いがオンライン状態であることが前提で、目の前にいるキャラを直接選択して申請するか、「名前」と「ID」を指定して申請を送るかのどちらか。前者はゲーム内で顔を合わせる必要があるので、「サーバ番号」「場所」「タイミング」を知らせあって落ち合う必要があるけど、忙しい人も多いので特にタイミングが難しい。後者の方法、名前とIDを教えてもらってこちらから申請するのが簡単だけど、相手がオフライン状態だと申請が届かないので、時間をみて何度も試すことになる。いつオンラインですか? とか確認するのは結局前者と同じことだし。まあ何度も申請する手間はこちらがかければいいことなので、手順としてはマシではあるかなと。

IDは冒険者の広場でも画面上でも表示されるので秘匿情報ではないけど、逆にキャラを直接見た人だけ確認できる情報ともいえる。これを不特定多数に周知してしまうと、事実上誰でもフレンド申請できる状態になるので申請スパム(?)みたいな可能性も考えられなくはない。まあ相手のアカウントはわかるわけだからブラックリスト登録なりで対応できるけど、申請が殺到するようなことになるとやはり迷惑だろう。実際には普通のプレーヤーではなかなかないと思うが、懸念としては認識しておく必要がありそう。つまりIDのやりとりを完全に公開の場ですべきかどうか。公式のガイドラインで特にID情報の取扱いについて注意があったかどうか、ちょっと忘れてしまった。