Hatena::Groupdragonquest

どらくえ日記/shanghai RSSフィード

ドラクエファンサイト ただのしかばね
ドラクエX特設ページ公開!
キャラクターはしゃんはい(要ログイン)
チームも運営してます→チームしかばね メンバー募集中!

2014/12/10 (Wed)

ドラクエ史上初の宇宙?

| はてなブックマーク -  ドラクエ史上初の宇宙? - どらくえ日記/shanghai

配信クエスト『大盗賊の伝説』第3話「カンダタ月に行く」

http://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/d14220ee66aeec73c49038385428ec4c/

f:id:shanghai:20141204204404j:image

というわけで、タイトルにある通りなので書いてしまいますが、月面です。エリア名は「月世界」。

これがドラクエシリーズを通じて初めての「宇宙」の描写ではないか、と少し話題になっていました。

確かに、従来のドラクエの宇宙観は神話的、せいぜい中世以前の天動説的な世界把握で、四角いマップの端に向かって進むと反対の端から出てくるという、非ユークリッド的な平面世界であって、自分の立っているのが球状の天体の地表であるという解釈がそもそも成り立たないともいえます。天空シリーズにおける天空城が、人の認識できる世界の上限である「天上」であってその外側の宇宙は想定されていない。

Ⅹに直接繋がる同一世界と見なしうるⅨはタイトルが『星空の守り人』ですが、神話時代の終わりに役目を終えた天使達が星になって地上世界を見守り続ける、という象徴としての「星」であって、天体として相対化されたものではない。もっともⅨでは「天上」に相当する「天使界」よりさらに上位に「神の国」が存在するとされ、天使界と神の国を繋ぐ連絡機関である「天の箱舟」はモロに銀河鉄道なので、宇宙との往還を暗示していたといえなくもないか……?

Ⅹでは特に魔法的手段(旅の扉など)による異次元・異世界への移動はやりたい放題なので、「魔法の迷宮」ではⅣのキャラクターに逢ったり、Ⅴにおける「妖精の国」を訪れたりといったイベントは普通にある。ところが今回のクエストでは、詳細は書きませんが明らかに「物理的な空間移動手段のみ」で月面へ到達しており(「月世界」というエリア名はジュール・ヴェルヌの某作品を意識しているのかも)、そこがアストルティアとは宇宙空間を隔てた別天体としての月であることは間違いないように思われます。そこではちょうど「ふわふわワタアメ」を食べた時と同様にジャンプの高さと滞空時間が増していて、どうやら低重力の表現と考えられるのも我々の知る月と似ています。

余談ですがファンタジー世界だと思っていたら宇宙に出る、というと個人的には『ハイドライド3』を思い出します(笑。あれは宇宙服を着てたけど、宇宙空間がそのまま平面のフィールドになってて敵味方がそこを歩き回っていたな。

2014/01/04 (Sat)

ランプ錬金「踊らされガード」と白雪姫

| はてなブックマーク -  ランプ錬金「踊らされガード」と白雪姫 - どらくえ日記/shanghai

ツボ錬金の素材は、重さアップが「つけもの石」、みかわし率アップが「さとり草」などそれなりに効果がイメージできるようなアイテムが多いのですが、ランプ錬金の素材は意味不明なのが多い。呪文発動速度が「さえずりのみつ」(詠唱が速くなるイメージ?)なんかはまだいいとして、回復魔力アップが「ガマのあぶら」? 攻撃呪文耐性が「ふしぎな海草」? などなど。

足装備に付ける踊らされガードの「まんねん雪」もその一つだと思ってたんですが、ふと閃きました。これは『白雪姫』が元ネタではないか?

グリム童話のオリジナル版白雪姫の結末では、白雪姫と王子様の結婚式で、王妃が「真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされて死ぬまで踊らされる」というオチになっています。絵本などではこのまま描かれることは少ないでしょうが、私が子供の頃に読んだ世界童話全集みたいな大型本ではちゃんとこの結末になっていました。(グリム童話では王妃は継母じゃなく実母だそうな。それは知らなかった)一時期流行った「本当は残酷な~」みたいな本で知られるようになったかも。

「踊らされる/真っ赤に焼けた靴」というイメージに対するカウンターとして「万年雪」は白く冷たい、まさに逆のイメージであると同時に白雪姫のシンボルにもなっていて完璧な表象ではないか! と思いましたが、普通に深読みしすぎかもしれない。偶然の可能性も高いけど後付けでもこの解釈はありじゃないかと。

ちなみに踊らされガードはもともと「踊りガード」だったんですが、ふしぎな踊りなど「踊り攻撃」全般に対するガードではなく「つられて踊ってしまった」状態だけを防ぐ意味を明示するため「踊らされガード」に文言が変更されたという経緯があります。

海の溶ける洞窟にドラゴンゾンビ

| はてなブックマーク -  海の溶ける洞窟にドラゴンゾンビ - どらくえ日記/shanghai

サブキャラで今さら「ドルボードチューニング」(増槽追加)クエストをやってたんですが、「メタルハンターをウルベア地下遺跡で狩って来い」と言われて行っても、見つからないんですね。同じことを言ってる人が多いのでモンスター配置変更によるミスじゃないかと思うんですが、ほぼみんなやってるはずのクエストでミスが発覚せず修正されないのもおかしいな。

とにかく見つからないので他の場所で狩ることにするが、残りは「海の溶ける洞窟」か「落陽の草原」の二択で、後者は遠いしサブ子だから弱いしBGMが『エレジー』(アッテムト曲)で気が滅入るしw 避けたい、ということでキュララナ海岸の「海の溶ける洞窟」を選択。ここはここで業者による自動狩り(いわゆるBOT)が横行していて狩れたもんじゃないのを経験していたので嫌だったのですが、今回行ってみたらドラゴンゾンビが配置されていてBOTが一掃されてた(笑。

前回紹介した対応ってここのことだったのね。以前の惨状を知ってるので劇的に改善された状況を目の当たりにしてスッキリしました。

2013/03/15 (Fri)

デスペナルティ

| はてなブックマーク -  デスペナルティ - どらくえ日記/shanghai

オンラインゲーム用語では「死んだ時のペナルティ」をデスペナと言うらしいですが、普通デスペナルティといったら「死刑」のことですよね。

つまり死ぬこと自体が罰なのであって、死んじゃったらおしまいですから「死んだことに対する罰」という概念はゲームならでは。ドラクエでも「死んでしまうとは なにごとだ!」と怒られてその理不尽さに泣いた人も多いはず(笑。

さて歴代ドラクエでは全滅すると所持金を半分失って復活することになっていましたが、どうもⅩは違うんじゃない? という話に。Wii U版ベータから始めた友達が「デスペナ五分の一は少ないね」と言ってきたので、いやいやそんなことないよ半分以上持ってかれるよ! と思ったのですが、考えてみると正確にはどうなのかよく知らない。そもそも所持金が何ゴールドか常にちゃんと把握してるわけじゃないし、戦闘で少しずつ増えてるわけだし、いつ死ぬか前もってわかってるわけでもないので、割合にしてどれくらいかは把握していなかった。「○○G失った」と金額ベースではメッセージが表示されますが。

公式の「遊び方のヒント」によると、

全滅し復活場所に戻る際 LV10以上だとゴールドをすこし失います。お金がなければ失わないので 預かり所を活用しましょう。

そうそうLv10未満は免除でした。あえて「すこし」と量を曖昧に書いてあるのは一定でないからだとも受け取れます。

周りのプレーヤーに訊いてみると、未確認ながらフレンドから「レベルの数字パーセント」だという情報が。なるほど件の友達はベータ版の上限Lv20なので20%=1/5で計算は合うようだ。私の体感とも一致する。どうやらこれで間違いなさそうです。「半分以上持ってかれる」のは50%以上=Lv50以上で死んでるわけですね。

でも「すこし失います」という上記の説明はどうなのかな(笑。

追記

「プレイガイド」によれば

http://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide_4_6

経験値が減ることはありませんが、レベルに応じて所持していたゴールドが減ってしまいます。

※レベル9以下の場合は、ゴールドは減りません。

ということでレベルによって割合が変わっていたんですね。